2017 06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 08

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

N-BOX 板金修理

 【07//2014】

先日板金をしたN-BOXです
溶接も完了し今日はパテパテ行きます。
260307 (5)
260307.jpg
溶接も完了しパテ投入!
鉄板から出さずにパテで整形できるのですが板金修理はカスタムとは違い
極力パテは盛らないと言うルールがあるのでそれに従い鉄板から作業しました。
なぜそんなルールがあるのかは不明??
材料のコスト削減かな?
カーボンファイバーパテは研ぐとき硬いし値段も高いし
盛れば盛るほど面積も広がるし

大体の板金屋さんは鉄板だしーの板金パテ盛るんですが年月が経つとほとんどの車がパテ痩せやブリスターが発生し
修理個所が分かるようになっちゃいます
1年後にクレームはききませんからね~
当店ではしっかりと硬い高いカーボンファイバーパテで形を出して行きます
ちなみにZERO収縮パテなんで完全硬化すれば痩せは一切なし!!
サフェーサーも痩せなしタイプなんで完璧!!!

そもそもカスタムメインなんでそれしかない!!
カスタムでコストを削るのは仕上がりに大きく影響するんでNG

260307 (3)
260307 (4)
フェンダー、ボンネットのえくぼ的な凹みもスタッドでだしカーボンファーバーIN

フーガと同時進行でやってるんでなんか感覚が鈍るな~
フーガは0の状態から形を自由に考えながらやりますが
板金の場合は純正に戻すので同時進行だとなんかやりにくい

ついついここにライン入れたほうがカッコいいなーとか塗り分けしたいなー思ってしまう!!
ある意味職業病ってやつかな?

明日もパテ粉まみれで頑張りまーす






スポンサーサイト

Category: 修理

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。